冬コミでRPGゲームを頒布した学生にインタビューしました。

作品内容

冬コミでは、二次創作のキャラクターを用いたRPGゲームを3名で協力して制作し、頒布致しました。使用した言語はJavasriptです。音楽・シナリオ・ゲームデザイン・プログラムなどやるべき事が多く、当日までの準備が非常に大変でした。私は、シナリオ・編曲・プログラム・絵描きを作成しました。1人ではなくチームで役割分担してゲームを作るのは非常に大変でしたが、ゲームを形にするという満足感がありました。

工夫した事

原作を愛している人たちを配慮するために、原作に寄り添いつつ作品を作ったことです。遊びや課題で作るのとは違く、知らない人も楽しめるようにしました。

高校生に伝えたい事

自分が好きなことにチャレンジしてみて下さい。私の場合は、ゲームという趣味が結果的に勉強に繋がっています。ゲームはプログラミングのエッセンスが沢山入っているので、勉強になります。

今後の活動内容

Unityで完全オリジナルのゲームつくる予定です。次回は、シナリオと全体調整とゲームバランス等のプログラムを担当する予定です。

この記事の著者


関連する人物